図書館はともだちです  図書館と共にある会です  図書館の明日(tomorrow)を考える会です

2017年11月14日火曜日

ビブリオバトル三木合戦2017 バトラー募集!!


ビブリオバトル三木合戦2017
11月26日(日)13:30開始
三木市立中央図書館 1F視聴覚室

ビブリオバトルとは?
バトラー(発表者)数名が、それぞれの読んで面白いと思った本を5分間で紹介。
すべての発表者の中からどの本が一番読みたくなったか(=チャンプ本)を参加者の投票で決める、ゲーム感覚の書評会です!

バトラー募集!
募集人数 6名(先着順、定員に達し次第受付終了)
参加対象 中学生以上、どなたでもOKです。
お申込み 申込用紙に記入の上、三木市立中央図書館までお申込み下さい。
※チャンプ本に選ばれた方には賞品があります!

主催 図書館ともの会・三木
共催 三木市立中央図書館
お申込み先 三木市立中央図書館 TEL 0794-83-1313 FAX 0794-83-1314

2017年11月6日月曜日

今年も行いました!「絵本と音楽のライブ」

毎年読書週間にちなんで開催している「絵本と音楽のライブ」。
今年は10/22に予定していました中央図書館が台風のため中止となり、11/3の吉川図書館のみとなりました。
その分、吉川図書館では60名を超える超満員の盛況となり、好評のうちに終えることができました。

はじめに伊藤館長のごあいさつ
MEN's絵本プロジェクトは大判絵本を使って
 図書館ともの会・三木事務局でもある小巻がギターを担当。
 そしてピアノはこの企画当初からずっと担当してくださっている藤田さん。
 親子でゆっくりと楽しんだひとときでした。
 最後は恒例の「みんなで一緒に歌いましょう」
今年は図書館の司書さんも読み手で加わったり、絵本の選定を各グループ、演奏メンバーが共同で行ったりと、年々工夫を重ねている「絵本と音楽のライブ」。
今年は吉川図書館だけの開催でしたので、来年はまた他の館でもできればいいですね!

2017年10月11日水曜日

今年も行います!好評の「古本無料交換会」

お家で眠っている本を活かしたい、ほかの人にも読んでもらいたい、面白そうな本がないかなと探すのが楽しみ・・・
本を持ってくるのも、本を持ちかえるのも自由です。

古本無料交換会
10月22日(日)10:00~14:00
三木市立中央図書館 1Fフロア

当日、本をお持ちください。
段ボールなどの箱にいれてそのまま並べていただきす。
(ジャンルは問いませんが、会場にふさわしくない場合はお断りする場合があります)
できるだけ、本と一緒にいて、お互いの会話を楽しみましょう。
※終了後はお持ち帰りいただくか、図書館にお預けください。残った本は金物まつり古本市に提供させていただきます。

お気にいりの本があれば無料で自由に持ち帰っていただけます。
(何冊でも自由にお持ち帰りください。なるべく袋などをご持参ください。)

絵本と音楽のライブ2017 開催のお知らせ

今年も生演奏に乗せて絵本の読み聞かせをお届けします!

絵本と音楽のライブ2017

10月22日(日)14:00開演
三木市立中央図書館 1F視聴覚室

11月3日(金・祝)14:00開演
三木市立吉川図書館 多目的室

【読み聞かせ】
みきおはなし会*絵本の森
MEN’s絵本プロジェクト“いぶし銀”
吉川図書館を考える会すくすく
図書館スタッフ

【演奏】
キーボード 藤田紀子/ギター 小巻健

いずれの会場も入場無料、要申込。
(10/22中央図書館0794-83-1313、11/3吉川図書館0794-72-1109)

2017年8月11日金曜日

「わくわく夜の図書館 2017」報告

8月3日(木)19:00~20:30 三木市中央図書館
14組32人(小学生18人 保護者14人)参加


今回で4回目の「わくわく夜の図書館」 毎回少しずつ内容を変えて実施していますが、何といってもメインは、懐中電灯を持って真っ暗になった図書館を探検すること。司書さんの説明を聞きながら、暗い閲覧室の本棚の間を巡っていきます・・・。子どもたちはどんなことを感じていたのかな・・・。


今回はグループワークを取り入れました。少し恥ずかしがりの子もいましたが、みんな元気にグループの発表をしてくれました。


今回の「わくわく夜の図書館」が、図書館にはいろんな本がいっぱいあるんだと子どもたちが知ってくれて、本との出合いに今まで以上に興味を持ってくれればうれしいです。

2017年7月10日月曜日

中央図書館まつり「おはなしリレー」開催

7月2日11時より3時まで、三木市立中央図書館おはなし室で「おはなしリレー」を行ないました。「開館2周年 中央図書館まつり」の一環として、市内、各学校、各図書館、アフタースクール、各種イベントなどで活躍している8グループ(緑ヶ丘東小トトロの森、紙芝居夢サークル、みきおはなし会*絵本の森、ラボ奥野パーティ、三木小おはなし会、MEN’S絵本プロジェクト、緑ヶ丘小おはなしの会、ストーリーテーリングみき)に出演していただきました。

絵本の読み聞かせ、紙芝居、英語と日本語による手作り絵本布で作られたカラフルな小物たち)、のこぎり演奏の効果音付き昔話の語り、ストーリーテーリングと、工夫を凝らした内容でした。
各グループ、本の楽しさ、おはなしや物語の楽しさを子供たちに伝えたいという気持ちがあふれ、選書に苦心し、手遊びで子供たちにアピールしていました。
おはなしリレーというより、おはなしマラソンのようでした。
ただ今回は子供の参加が少なく、各会とも大人と子供で10人から15人程度でした。
これは企画側の反省点で、広報、宣伝が遅くなり、徹底しなかったことが大きいと思います。
今後の課題として、曜日の選定や他の行事との連携など、貴重な機会を有効に生かせる企画が必要と思いました。(K.N) 











2017年5月18日木曜日

tupera tupera 絵本ライブを終えて

5月7日13:30から三木市文化会館小ホールにて、tupera tupera(ツペラツペラ)さんによる絵本ライブを行いました。
最初教育センターのホールを予定していましたが、申し込み初日で定員近く迄いってしまい急遽文化会館小ホールを申し込みました。
それでも勢いは続き後半はお断りしないといけなくなり申し訳なかったです。
混雑を避けるため、又こどもを長い間待たせないためもあり、午前11時から座席券発行しました。参加者の皆様のご理解、ご協力もいただきスムーズに開場ができました。
またこれを支えていただいた多くのボランティアスタッフの方のお力も大きく、大変感謝しています。
tupera tuperaの亀山さんですが、気さくな方ですが、さすが自分のライブにはこだわりを持っておられ、着くそうそう休む間もなく機材の確認や舞台設定、そしてスムーズにできるまで入念にリハーサルを繰り返しました。図書館の方も大変だったと思いますが本番ばっちりでさすがでした。
ライブ中は楽しい話しでこども達も大盛り上がりでした。
「みきおはなし会*絵本の森」の仲間4名が、舞台での読み聞かせにその日の朝に急遽に頼んだのにもかかわらず。引き受けて下さり練習、そして本番はばっちりで開場も盛り上がりました。ありがとうございました。
終演後のサイン会は、ひとりひとり名前だけでなく絵やメッセージも入れて頂き2時間以上もかかってしまいましたが、最後迄待って頂いてた方も満足して帰られていました。又前回ワークショップでみんなで完成させた海のオブジェも、自分の作品を探したり記念撮影されたりと好評でした。
こんな大きなホールではじめての企画でしたが、図書館の方やボランティア仲間と協力して無事終えられ良かったです、皆さん本当にありがとうございました。

<ステージの様子>




<ロビーの様子>



<終演後、スタッフ一同でツペラツペラさんを囲んで>

2017年4月27日木曜日

tupera tuperaワークショップを開催しました

去る4月16日(日)に、三木市立中央図書館1階視聴覚室にて、11時~12時30分・13時30分~15時の2回に分けて、tupera tuperaの絵本を使って工作体験ワークショップを開催しました。
今回初めて図書館ともの会・三木主催でワークショップを行いましたが、実行委員募集した時もみなさん手を挙げて頂き成功の予感がしました。

今回のワークショップの目的として、
① tupera tuperaさんの絵本ライブを盛り上げる
② 親子で、製作し完成の喜びを味わったり他のこども達とも触れ合い等を楽しむ
③ 図書館に行くきっかけや本や絵本を使って遊ぶ楽しさを知らせる
④ tupera tuperaさんの絵本ライブを期待して待つ
をあげてボランティアみんなで力と知恵を出し合いました。

当日誰も来てもらえなかったらどうしよう、と悩んでいたのがうそのように開場前から多くの方が待って頂き、午前中76名、午後も60人以上の参加があり、急遽ブースを変更しながら行いました。
0歳から高学年のこども達がお家の方と真剣に取り組み絵本ライブの時のモニュメントの魚作りや持ち帰りのおもちゃ作りを楽しみました。
海の前で作ったものを持って笑顔の記念撮影や、「出来たよ」と嬉しそうに見せてくれたこども達を見てして良かったなぁ、と思いました。
私にとっては、なによりも図書館の方やボランティア仲間と一緒にみんなで出来た事が一番うれしかったです。
人が多くご迷惑おかけしたみなさんごめんなさい。これからもいっぱいの参加よろしくお願いします。







2017年4月7日金曜日

tupera tupera絵本ライブ in MIKI 申込受付終了

5/7(日)開催の「tupera tupera絵本ライブ in MIKI」について、大変ご好評につき申込が定員に達しましたので、受付を終了させていただきます。
このたびは4/1の受付初日から予想をはるかに超える人数のお申し込みをいただき、会場も急遽180席の三木市立教育センターから500席の三木市文化会館に変更しましたが、引き続きたくさんのお申し込みをいただき、早くも定員に達しました。多くの方にお申し込みいただき、誠にありがとうございました。
なお、開場時間、入場受付の方法につきましては、お申し込みいただいた皆様に追ってご連絡差し上げますので、しばらくお待ち下さい。

2017年4月3日月曜日

tupera tupera 絵本ライブ in MIKIを開催します!

絵本やイラストレーションなど、幅広いジャンルでご活躍されているtupera tupera(ツペラツペラ)さんの「絵本ライブ」を、このたび三木で開催します!



tupera tupera (ツペラ ツペラ)絵本ライブ in MIKI
出演 tupera tupera 亀山達矢さん

●開催 2017年5月7日(日)13:30開演
●会場 三木市文化会館小ホール
    ※三木市立教育センター4F大研修室から変更になりました。
●参加費 無料(要申込)
●定員 500名
●受付開始 4月1日(土)10:00~
●申込方法 
 【インターネットからのお申込み】
  4月1日(土)からこのサイトより申込みサイトへのリンクを開設します。
 【電話でのお申込み】
  三木市立中央図書館  0794-83-1313(開館時間のみ)

●主催 図書館ともの会・三木
●後援 三木市、三木市教育委員会、三木市社会福祉協議会
●協力 三木市立中央図書館、みきおはなし会*絵本の森
    みき だっこで絵本の会、MEN’s絵本プロジェクト
    特定非営利活動法人まほうのつえ

tupera tupera(ツペラツペラ)
亀山達矢と中川敦子によるユニット。2002年より活動を開始する。絵本やイラストレーションをはじめ、工作、ワークショップ、舞台美術、アニメーション、雑貨など、様々な分野で幅広く活動している。絵本など、著書多数。海外でも様々な国で翻訳出版されている。NHK Eテレの工作番組「ノージーのひらめき工房」のアートディレクションも担当。
京都造形芸術大学 こども芸術学科 客員教授
http://www.tupera-tupera.com/index.html

<主な作品>
『木がずらり』(ブロンズ新社)
『魚がすいすい』(ブロンズ新書)
『しましまじま』(ブロンズ新社)
『12 の星のものがたり』(ヴィレッジブックス)
『つくってみよう!へんてこピープル』(理論社)
『ワニーニのぼうけん』(婦人之友社)
『へびのみこんだなにのみこんだ?』(えほんの杜)
『あかちゃん』(ブロンズ新社)
『これはすいへいせん』(金の星)
『わくせいキャベジ動物図鑑』(アリス館)など。


★絵本ライブプレ企画★
tupera tuperaの世界で作ろう・遊ぼう
みんなでtupera tuperaの工作をつくって、5月のライブを盛り上げよう。お持ち帰りクラフトもありますよ。申し込みはいりません。親子でお気軽にご参加ください。材料は用意しています。
4月16日(日)①11:00~ ②13:30~
三木市立中央図書館1F視聴覚室